日新火災インシュアランスサービス株式会社

Health and productivity
健康経営の取り組み

健康経営優良法人2022 (ブライト500)に認定されました!

当社(日新火災インシュアランスサービス株式会社)は2022年3月9日付で「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門(ブライト500))」に認定されました。

「健康経営優良法人」認定とは…

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。

「ブライト500」とは…

健康経営優良法人(中小規模法人部門)に認定された法人(2022年は12,255社認定)のうち、「健康経営優良法人の中でも優れた企業」として認められた上位500社のみに与えられる称号です。

認定証

健康経営の取り組み

日新火災インシュアランスサービス株式会社では、社員が健康で安全に働けることが全ての基礎であり、仕事を通じて、より豊かな社会生活を実現できるよう支援することが企業の使命であると考えております。

その実現に向け、「健康企業宣言」を行い、日新火災健康保険組合と協力して「健康づくり」を強化し、社員とその家族の健康を守るため、長時間労働の排除や有給休暇取得推進の取組を行ってきました。また、管理職が健康経営アドバイザー資格を取得するなど、会社として健康経営に取り組んでおります。
その結果として、「健康経営優良法人2022(中小規模法人部門(ブライト500))」に認定されました。

また、健康保険組合連合会東京連合会より「健康づくりの取組を積極的に行っている」企業として4年連続『銀の認定』を受けています。

NIS健康企業宣言

当社が経営理念を実践していくためには、「社員が心身ともに健康であり、個々の持てる能力を存分に発揮すること」が不可欠と考えます。

社員とその家族の健康が、社員自身の幸せと同時にお客さまの幸せおよび社会への貢献にも繋がる大事な礎と考え、社員がやりがいを感じいきいきと働き続けることのできる環境づくりを推進します。

健康推進体制

健康推進体制

社員の健康管理のための取り組み

有給休暇取得推進

有給休暇取得目標を文書により社員に通知するとともに、管理職からも取得を勧めるなど、休暇を取得しやすい環境づくりを行っています。
結果として、2020年度は10日の年間取得目標に対し、平均で10.4日の取得となりました。

健康診断

年に1回、法定に準拠した健康診断を実施し、全社員が受診しています。

女性ドック

30歳以上の女性に対し、年に1回、婦人科健診(乳がん検診、子宮がん検診)費用の一部補助を実施しています。

胃がん検診

40歳~50歳まで3年に1回、51歳以上は2年に1回、胃がん検診費用の一部補助を実施しています。

ストレスチェック

年に1回全社員に対しストレスチェックを実施、高ストレスとなった社員については、本人の希望があった場合医師による面談を実施しています。

特定保健指導

特定保健指導(生活習慣改善)の対象者については、専門の事業者による面談等を実施しています。

インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種について費用補助を行っています。

禁煙サポート

就業時間内完全禁煙(テレワーク時、移動時を含む)を実施しています。
また、禁煙外来の受診に対し、費用の一部を補助しています。2021年度は費用の全額を会社補助とし、禁煙にチャレンジする人数が増えました。

食生活の改善に向けた取り組み

食生活(カロリー等)に関するパンフレットの配布、健康飲料の配布などにより、社員の食生活を改善する取り組みを行っています。

社員による取り組み

支社ごとにテーマを決めて、健康増進のための取り組みを行いました。取り組み状況は全社で共有し、社員のモチベーションアップにつなげています。
取り組み例:早帰りや休暇取得の推進(職場での声がけ)、運動推進(歩数アップや階段利用)

具体的な取り組みはこちらから

その他

運動の促進や食生活の改善などについて、定期的にニュースなどで社員に情報提供を行い、健康への意識を高める働きかけを行っています。